東京永久観光

【2019 輪廻転生】

言語

『サピエンス全史』読み終えた

(ここからの続き↓) この本の素晴らしさは、専門家の知識を述べ立てるところにはない。誰もが知る現世人類の道程から「言われてみればそのとおり」の事実と評価をいくつも提示することだ。そのサピエンスの事実は決定的な驚愕に値し、しかもその評価の優美…

『サピエンス全史』(終盤)

(ここからの続き↓) この本は、人類が、社会や生活の基盤を、劇的に、しかも、幾度も、変容させてきたことを、思いがけない視点から、ありありと実感させるわけだが、下巻の終盤まで来ても、その勢いは衰えるどころが加速している。近代科学による激変、資…

言語が粗雑な他者にすぎないなら…

千葉雅也 「言語とは他者そのものであり、そして他者たちは、想像をはるかに超える粗雑さでのうのうと生きている」 https://twitter.com/masayachiba/status/828588317138513920 言語が粗雑な他者にすぎないなら、そいつをどうにかしてやるために、「言語を…

★サピエンス全史(下巻)

(ここからの続き↓) 宗教に関する考察。ここはさして新味もなかろうと思っていたら、完全に裏切られた。宗教の本質…というかむしろその単純かつ基本の事実が淡々と指摘されていくのが、決定的に面白い。「そういえばそうだ!」と今さら気づかされること、多…

★サピエンス全史(読書再開)

(ここからの続き↓) 貨幣について。貨幣が宗教や国家や文化を超えてユニバーサルであるという指摘に、「そういえばそうだ!」と改めて感じ入る。日本人もミャンマー人も米国人も中国人もIS人も、仮に互いの素性がまったくわからなくても、ドルだけは信用す…

言語から概念を切り離し記号を切り離したら何が残る?(チョムスキーをめぐって)

『チョムスキー 言語の科学』というインタビュー集を読んでみた。 チョムスキーってなんかこんなヘンテコなことを言ってるみたいだけど、「まさかホントかね」と弱々しく眺めていたことを、なおさら輪をかけて断言しているので、驚くほかない。ヒトの脳に生…

絵は文字に代わる記号になれるか?

昔は文字も絵も手で書いた(描いた)。しかし今では、文字は完璧に電算的に入力され普遍的な情報として流通する。この異様な激変は、十分に指摘されず、そもそも十分に自覚されずにきた感じがあるが、絵の入力や流通が本当に面倒であることとの差に気づくと…

目が見えなければ視点など存在しない?

「言葉は不思議だ〜」ということを15年くらいは考えている。どう不思議かというと、もし言葉がなかったら、私の今のこの感じは、私の今のこの感じと、どれほど違っていたことか! という思いに結実してくる。言い換えれば、「じゃあ、猫はいつも、どんな感じ…

言語が便利すぎる進化的理由とIT的理由

イブライム・フェレールという人の歌が素晴らしく良いことを、外出先で他人に伝えるにはどうするか。歌声を録音したものを持って行って聴いてもらうのが一番いいが、それが無理なら、「イブライム・フェレール」という名前を伝えるのが、現在のところ最も妥…

画像は言語に裏打ちされて概念化する?

全く知らない用語が出てくれば当然グーグルに頼るが、ぱっと画像検索したほうが「あ、なるほど」と納得することが多い。たとえば「ガールズ&パンツァー」とか。ただしWikipedia「ガールズ&パンツァー」でしか得られないこともまた多い。ふと、人工知能はどっ…

一筋に流れる意識は一筋に流れる言語が支える?

「動物も人間のような意識を持つのか」さらに「人間だけが言語を持つことはそれにどう関係するか」という問いがある。それに関してこの間ふっと思った。脳の神経細胞のネットワークは分散・並列で働いているのに、意識はそうでなく一筋の流れとして自覚され…

現実体験<言語体験

きのう京都で用事があり、ついでに清水寺を見てきた。 私が清水寺に行くのは、ひょっとして人生初か小学校の修学旅行以来? それでも清水寺をいやというほど知っているのは何故か。それは、清水寺という概念と単語をもつからこそだ。猫や犬にはそれはかなわ…

ニュートリノと言葉の確実性

ニュートリノに質量があると宇宙を説明する理論のすべてが覆るらしいが、同じく、言葉も、1つでもいいかげんに使うと、その影響は言論の果てまでツイートの果てまで及ぶ。とりわけ「差別」や「表現の自由」といった言葉はそうかも。あるいは「私が」か「ど…

言語の未来を電算機が見出すか(雑誌WIRED特集より)

雑誌『ワイアード』が「ことばの未来」という特集をしていて、これが非常に面白い。ワイアードはいつも他のメディアにない先端的な視点が、本屋で立ち止まらせる。少し前には「死の未来」という特集もあった。 特集の最初は、言語の翻訳を統計処理によって行…

ツイッター進化論(随時変異)

ツイッターの言葉はそれを書いた個人や集団の繁栄とは無縁に増殖する。ここから、進化(遺伝子の繁栄)がじつは個体の生死や種の明滅に必ずしも直結しない、という理屈が実感できるかもしれない。増えたり減ったり現れたり消えたりするのは、ひとえに言葉(…

四隅にメタ情報

世界が四角いモニタで縁取られたイメージになってから、もうだいぶたつ。今じゃ、その四隅にメタ情報(それが何であるかの情報)が付いていることも世界の基本イメージになりつつある?とはいえ、そもそも言語とはすべてメタ情報(その現実がなんという現実…

世界史がネットにあるだけでなく世界自体がネットにある勢い

《チェスがインドからサーサーン朝へ移入された経緯が述べられているパフラヴィー語によるシャトランジの歴史物語『シャトランジ解き明かしの書』》とかいう記述をたまたまWikipediaで見かけ、世界史のいかにわずかしか知らないことかと気が遠くなる。まして…

武器にも意味にも変わるもの

言葉はときに石つぶての役割しか果たさない。比喩といえないほど武器として使ってしまう。それにひきかえ、ツイッターの言葉などはきわめて珍しく100%近く意味を伝える。それのみに奉仕する(私はそう思いながら読んだり書いたりしている)いわばツイッター…

言葉は万能!(でもいつ出現した?)

ツイッターとかに目と頭が常時接続する毎日だと、あらゆることは「そうか言葉で表されるんだな」ということに改めて気づかざるをえない。もっと仕事にも接続しろよと思うが、仕事は仕事でものごとの白黒をはっきりさせるにはこれまた言葉(メールなど)が大…

ツイッター進化論(随時変異)

明け方、ネットのどこも読むところがなくなるのは、酒瓶を逆さにしてもなにも出てこない感じ。 *タイムラインにきょうの世界のすべてがあると感じられる度合と、新聞にきょうの世界のすべてがあると感じられる度合。 *書き言葉(ツイートを含めて)が論理…

ツイッター進化論(随時変異)

本も、タイムラインのごとく、かなり複数をとっかえひっかえ細切れに読むのが普通になってきた。こうした「文字を読む体勢の大きな変化」は、長い歴史のなかでそう頻繁には起こらないと思うので、凄いことだ。大昔、黙読は珍しかったとか、立って読んだ(?…

シャルリ・エブド襲撃をめぐって (4)

在特会によるヘイトスピーチは「許してはならない」と思う私だが、桑田佳祐さんが紫綬褒章を使って行ったと伝えられるパフォーマンスは「許してはならない」とは思わない。ダブルスタンダードではないとも思う。一方、ムハンマドを冒涜する表現を「許しては…

途中を抜けない人間の原理

文章でも旅行でも料理でも、先の見通しが立たずまったく出来そうになくても、始めてしまったらあっけなく最後まで出来た、ということを何度も経験する。これは、文章も旅行も料理も「途中を抜くということが原理的に不可能」だからではないかと気づく。まだ…

人工知能をめぐる冒険 (2)

人工知能が人間の知能をついに実現できそうだ――という話。そこから実にいろいろな考えが浮かんでくる。とりあえず1つ。 人間の行いのうち人工知能が得意になって真似できそうなものだけを「知能」と呼ぶのだろう(=そうでないものは人間の行いであっても「…

人間解散、人間バンザイ =人工知能をめぐる冒険(1)=

人工知能を研究する松尾豊さんという人の話。https://www.youtube.com/watch?v=U-O4eINZNXE(ビデオニュースドットコム)知り合いに教えてもらって聴いた。たっぷり2時間あまり。とても明瞭で、このテーマの本質がよく盛り込まれていると思えた。人工知能と…

世界を真正面から見てはいけません

ある物を望遠で見るときと広角で見るときでは、受けとめる気持ちは異なるだろう。同じく、ある物を真正面から見るときと斜めから見るときでも、受けとめる気持ちは異なるだろう。しかし、その違いは明白に図式化されてはいないようだ。つまり「映像の文法」…

★分析哲学講義/青山拓央

哲学が何の役に立つのだ?「僕ってみんなと違って昔から変なことばかり気になって妙に考えこむタチだったから、ずっと黙ってたんだけど、そうかこれが哲学だったんだ!」という僥倖は少なくとも得られる。冒頭の講義1で著者はそんなことを述懐している。(…

ニューロン駆動システム

あるコンセプトやイメージが言語に伴われて初めて動き出すということはザラにある。言い換えれば、ニューロン群の様々なネットワークは、言語による札を貼って束ねておくからこそ、我々は自在に使いこなせる。言語記号がこんなに便利なのは脳の外に整理され…

思考と言語

思考と言語はどう関係するのか。 これは当然ずっと気になっていた。 そのとき、 思考と言語は両方とも、 意識というか脳というか心というか、 なんらかの同じ土台に同じように生成される現象だろう。 そう捉えていた。 ところが、この間ふと気がついた。 思…

★言語学の教室―哲学者と学ぶ認知言語学/西村義樹・野矢茂樹

野矢茂樹が、認知言語学とはいかなる学問かを、その専門家である西村義樹に一から教わりながら、どんどん突っ込んでむしろ自身でスパっとまとめ、二人で大いに納得するという一冊。速い、うまい、易しい。 最初に、認知言語学の言語学における位置づけやチョ…