東京永久観光

【2019 輪廻転生】

思考

神がクシャミをすると人が風邪をひく

http://sxpxs.org/columns/bookreviews/conwaymorris.html 《われわれヒトが今このようにあるのは偶然である》。 ある書評のタイトルなのだが、あまりにあっけない。が、このあっけなさに、われわれはもっと慣れたほうがいい。「わわれれヒトが今このように…

『カメラを止めるな!』(テレビ放映) 

エンドロールでは、神(映画そのものを見せてきた第三のカメラマン)がとうとう姿を現す。「待てよ、じゃ第三のカメラマンは、だれが撮ってるんだ?」 ――少年よ、そのカメラこそが哲学と呼ばれるんじゃ。 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」と私た…

石戸諭「沖縄ラプソディ」

石戸諭の多層的なルポ「沖縄ラプソディ」(Newsweek 2.26)を読んだ。 辺野古や沖縄のことを、私としてはこれまでになく真面目に知り考える機会になった。賛成派か反対派か(あるいは本当は無関心か)すぐに透けてしまうような多くの記事とは、書き手のスタ…

★哲学入門/戸田山和久

戸田山和久『哲学入門』ちくま新書(2014) https://pic.twitter.com/nLhkKt0qea ここまでぼろぼろになったのは浴槽に落としたせいだが、気持ちとしてもこれくらい熟読した。 生物は岩石とは違う。さらに人間は他の生物とは違う。つまり、私たちがものごとを…

「存在ではなく操作」

佐藤文隆『量子力学は世界を記述できるか』をめぐって 《量子力学が私たちに教えてくれるのは、世界の「操作」であって、その世界の「モデル=存在」ではない。なぜ前者でしかなく、後者でないのかは、そもそも私たちにとっての「知識」がどういうものである…

世界はなぜあるのか? 仕事もなぜあるのか?

ジム・ホルト「宇宙はなぜ存在するのか?」(TED)https://www.ted.com/talks/jim_holt_why_does_the_universe_exist/transcript?source=google_plusone&language=ja#t-14419 ……とはいえ、難点は、宇宙にあるのではなく、仕事とかにあるんだな、これが。神が…

私たち知性の特殊性と普遍性

★ランドスケープと夏の定理/高島雄哉 表題作を読んだ。まさに日本のテッド・チャンかグレッグ・イーガン(誰しもそう言うだろう) 作中まず「知性定理」なるものが示される。「知性は互いに翻訳可能」という原理。つまり私たちの数学や言語はいかなるAIや異…

★有限性の後で/カンタン・メイヤスー

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20181115/p1 から続く 哲学の本はしかしあまりにも難しい。再び読んで前回より先に進んだのはわかるがゴールにはずいぶん遠い。仕方ない、また帰るか。中国雲南省の麗江に行きさらに虎跳峡まで辿り着いたがもはやヘトヘトで…

有限性の後で/カンタン・メイヤスー

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180826/p1 から続く アレクサ、『有限性の後で』を要約してうちにはアレクサがないので、こちら(下)の人間知能を頼る。http://sets.cocolog-nifty.com/blog/220.html(これから徐々に読む予定)3度めくらいの読書になる…

★ドゥルーズ 解けない問いを生きる/檜垣立哉(哲学のエッセンスシリーズ)

「ドゥ」を出すには「doxu」と打てばよいことを、すぐ思い出せる程度には、私はドゥルーズのことが昔からずっと気になっている。しかし実際にはほぼ知らない。そこで、今さらだが、ぱっと思い立ち、檜垣立哉による入門書『ドゥルーズ』を開いた。NHK出版…

★ホモ・デウス/ユヴァル・ノア・ハラリ

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180917/p1 から続く ↓『ホモ・デウス』は読み終えているのだが、その内容は、私がここ5年〜10年ずっと考えてきたことと、あまりに同調している感じがするので、感想をまとめようとしても繁茂するばかり。むしろ今私が一番…

★ホモ・デウス/ユヴァル・ノア・ハラリ

いくら先が読みたいからといって、まじにネットから離れたくなるほどの本なんて、近ごろまさかあるまいと思っているわけだが、『ホモ・デウス』(ユヴァル・ノア・ハラリ)だけはやはり例外だった。前著『サピエンス全史』の最後に問いかけたシンギュラリテ…

★カメラを止めるな!/上田慎一郎(ネタバレ注意)

http://kametome.net/index.html映画『カメラを止めるな!』、もう100万人観たそうなのでネタバレを気にせず書くが―― 冒頭の場面がリピートされるとき、ゾンビ映画を撮影しているという設定のカメラ、それを生放送しているという設定のカメラ、そして映画『…

★有限性の後で/カンタン・メイヤスー

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180720/p1 から続く まだ行きつ戻りつ読んでいる。北アルプスの大キレットで立ち往生している感じか。登山はしかし、とにかく登った人は等しくゴール到着だが、読書は読んだ人がみな等しくゴールできているとは限らない。…

量子なんて概念にすぎない

――というのは私の勝手な信念だが。しかし、力の「最小単位」といったものを認識するには、粒とか波とかあるいは他の何でもいいが、何らかの「概念」を仮想しなければ絶対無理なのでは? (以下を読んだリアクション)https://www.scientificamerican.com/art…

★有限性の後で/カンタン・メイヤスー

簡単メイヤスー ……そんなわけはないが、意外に読めるので驚く。千葉雅也(訳者代表)による巻末の道案内がとてもありがたい。猛暑ついでに書いておく―― そもそも、普通の人はリンゴでもネコでも月でもそのまま実在しているとおもって暮らしているが、哲学者…

マルクス・ガブリエル

《私たちの知性は、視覚や触覚などの感覚と同じように、生物学的に複雑な有機体として、物理的な宇宙に適応しています。その意味で、思考することとは、見ることや触ることと同様、一種の感覚の様式なのです》(下記URLより)https://news.yahoo.co.jp/featu…

核戦争を遠ざけるコツ

核戦争は、みんなが来ないと思うことが遠ざけるコツだろう。では大地震は? みんなが来ないと思っても遠ざけられない。同じく、みんなが来ると思っても近づかない。ちなみに、核戦争も大地震も神に祈っても遠ざけられない。神に祈って遠ざけられるのはハルマ…

人工知能研究の動機

《我々はいつか死にます。こうして考え、認識している主体にも終わりが来ます。このこと自体を考えることは、自分自身にとても不思議な感覚をもたらします》――これは、いつものように、年をとったロマン主義者の私が言っているのではない。若い科学者である…

ゲノムに占める情報産業の割合

先日 放送大学で「ゲノム中の遺伝子の機能による分類」というのを示していたんだけど、ヒトの場合も大腸菌の場合も、2〜3割はなんと「遺伝情報」自体を担う役割だという! これって、情報産業というか、少なくとも第三次産業に相当するのではないだろうか? …

★哲学探究/ウィトゲンシュタイン

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180501/p1から続く 『哲学探究』を読んでいると、あのことを聞かないといけないからどうしても会おう、会おう会おう、そう思ってたのに死んでしまった友達の手紙かなにかを読んでいる気分になる。通常の友達と違い会ったこ…

★人工知能のための哲学塾/三宅陽一郎

ざっと読んだ。人工知能については従来のイメージが転倒し謎が深まるばかりなのだが、哲学そのものついては非常に勉強になった、という奇妙な本になった。哲学について非常に勉強になったというのは、現象学とは何かが初めてわかった気がしたこと。著者はゲ…

そういえばきょうは親の命日だった。

3年に2回は通り過ぎてから気がつく。「まったく何も存在しないのではなく、なぜこのように何かが存在するのか?」「世界がわざわざ存在することに意味や価値はあるのか?」 ――そのように問う場合、答えは、宇宙や地球の長い長い歴史のなかにあるのかもしれな…

★哲学探究/ウィトゲンシュタイン

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180430/p1から続く 私たちが哲学というドツボにハマらないためにはどうしたらいいのか。ウィトゲンシュタインは、最初の著書『論理哲学論考』では、「言葉にできることは実はあまりにも限られている」ことを徹底的に説いた…

★哲学探究/ウィトゲンシュタイン

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180423/p1 から続く 《哲学の問題が生じるのは、言葉が休日で仕事をしないときなのである》――こんなことをウィトゲンシュタインは書いていた!(『哲学探究』第38節=丘沢静也訳)つまり、平日に仕事でメールしたりする日…

★哲学探究/ウィトゲンシュタイン

『哲学探究』を久しぶりに開いている(新訳か) 連投したツイッターのログのような感じもする。 * 《私の書いたものによって、ほかの人が考えなくてすむようになることは望まない。できることなら、読んだ人が刺激され、自分の頭で考えるようになってほしい…

膨大と無限の間

年収1億というのはかろうじて想像できるが、人口1億とか男性が35億なんてのはじつは想像できないスケールだろう。そのなかで自分が関わる人の数のスケールなど どれほど小さいかを自覚しないといけない。しかし興味があるのは、1億人あるいは76億人が全員ツ…

★映画術/塩田明彦

塩田明彦監督の講義を採録した『映画術』(2014)を読む。映画の本当の見どころとは何か。それは、たとえば物語の展開がどうであるか、人物の心情がどうであるかではない。やはり、それが映画という独特の道具立てや表現形式によっていかに成立しているかだ…

ピンカーいわく

http://d.hatena.ne.jp/shorebird/20180227#1519736847〜上記から引用〜ピンカー《そういう質問をするからにはあなたは自分の信念についてのreasonを探しているのだろう.つまりあなたは自分にとって何が重要かを探し出して正当化することについてreasonにコ…

禅、ゲーデル、盲学校

(http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20180210/p1 からの続き) 鈴木大拙『禅』をまだ読んでいる。 結局やっぱり「言葉ではわからないよ」ないし「言葉でわかろうとするからこそわからないんだ」ということになるようだ。ここでいう「言葉」は、「論理」や「知…