東京永久観光

【2019 輪廻転生】

電脳

旅行計画

エアチケットとエクスペディアとグーグルマップで計画しているときの旅行と、エアチケットとエクスペディアとグーグルマップで実行しているときの旅行との、区別が、人工知能よ、きみにはできないだろう。(人間は…) *ウィトゲンシュタインは『論理哲学論…

人工知能 雑感

(1) 人工知能は莫大な量のデータを集め独自の優れたアルゴリズムによって最適な解答を示すのだろうが、かたや、人間知能は極小の量のデータを集め独自の愚かなアルゴリズムによって最適な解答を示す。しかし、人間や政党は複数あるので、それぞれ「これが…

3D Printed Painless Suicide Pod

https://www.labroots.com/trending/technology/7525/sarco-3d-printed-painless-suicide-pod

NHK『人間って何だ? 超AI入門』視聴

「ディープラーニングが一番効くのは指向性の波である視覚情報」(松尾豊さん)この番組、つきぬけて高度、かつ、つきぬけて平易、という印象。つきぬけて天上の紺 人工知能http://www.nhk.or.jp/aibeginner/ * (12月22日)「人間の組織はなぜ階層構造を成…

だったら人間には魂も天国も地獄もあるのか? ――ブレードランナーをめぐって

「魂もないくせに」――しかし魂がないのはレプリカントだけではないね。「おれたちには天国も地獄もない。だからここで戦うんだ」――この実感はレプリカントだけでなく無神論者のものでもあるね。 (以下を視聴して)https://twitter.com/tokyocat/status/9294…

総選挙、人工知能、曖昧な中間目標

投票は「せねばならない」わけでも「してはならない」わけでもなく、「してもいい」し「しなくてもいい」と思うので、都知事選は棄権したけど、今回は雨の中行ってきた。結果の一覧をみると、たとえば比例区で、当たり前だが、自民に入れた人も、立民に入れ…

★人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?/山本一成

将棋AI「ボナンザ」の作者山本一成さんの本。なるほど!と引きこまれる語り。そのわけは「知能って何?」さらには「知性って何?」といった核心をさくっと定義するような姿勢にあると思った。すなわち謎とのきわめて適正な向き合い方だろう。へえ〜と感じ入…

AIスピーカとか

AIスピーカというのが出てきたようだ。音声で命令すると音楽が流れる(ほかのことにも返答する)。「何か音楽を再生して」「**の曲を流して」「曲を止めて」というぐあい。それで気になったのは、日本語の命令形の現状。もはや「〜せよ」「〜しろ」は試験…

知性の定義が変わるとき?

http://kaseinoji.hatenablog.com/entry/carlo-rovelli#%E3%81%93%E3%81%AE%E7%9F%A5%E6%80%A7%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B《人間の認知能力は知性のいちバリエーションでしかなく、他の知性のあり方があるのではないか。この意識も、この…

ビットコインはワットコイン

http://blogos.com/article/126125/神林長平のSF小説に、電力が貨幣になってワットと呼ばれるという話があったのを思い出した。とはいえ、ビットコインはまるでフィクションのように見えながら、銀行券の仲間ではなく、むしろ金塊の仲間なのだと、この人(大…

クラウドの神経細胞

自分が5年も前に付けたブックマークに、今どこかのだれかがスターを付けてくれたので、その記事を久しぶりに読みにいき、新鮮な気持ちで改めてうなずく。――脳の神経細胞も、きっとこういうふうにネットワークを拡張・洗練させているにちがいない。http://b.h…

生命体は1つ、知性体は2つ

◎https://wired.jp/special/2016/kotoba/この世に生命体は今のところDNAタイプ1つしか知られていないが、知性体は2つを目にしている――ホモ・サピエンスと人工知能――と言うべきなのだろう。

人工知能と人間の違いを改めて思う

◎NHKスペシャル視聴中 http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170625 <定型発達> いわゆる定型の発達をした人間の知能では、万能の人工知能に比べ、将棋の指し手にも限界ありあり、ということだろう。人工知能は非定型発達なのだとも言え…

スワイプ魔法

人差し指をさっと振れば、いろんなことが起こったりいろんなものが出たりと、まるで魔法使いのようなスワイプ使い。

さまざまな画像が、さまざまな言葉がそうであるように、明瞭で普遍的な記号として整理される、そんな将来が見える…

http://japanese.engadget.com/2017/05/17/ai-google-lens-ar/(AIで世界を認識する新技術Google Lens発表。被写体の情報をその場で調べ、AR表示やアクションを実行)

人工知能には「懐かしい」がわからない

人工知能は知っていることを忘れるということがないのではないか。そうすると人工知能は思い出すということもない。つまり人工知能には「懐かしい」がわからない。

『サピエンス全史』読み終えた

(ここからの続き↓) この本の素晴らしさは、専門家の知識を述べ立てるところにはない。誰もが知る現世人類の道程から「言われてみればそのとおり」の事実と評価をいくつも提示することだ。そのサピエンスの事実は決定的な驚愕に値し、しかもその評価の優美…

死が納得できないのは単なる不合理なのかもしれない

人工知能は時間を理解できても時間を実感できないのではないか、という問いがあるように思われる。ファミレーミファソーラシドードシラミー たとえばこのメロディーの良さは時間とともにしか実感できないだろう。彼らには音が流れるのでなく全部の音が重なっ…

ブロックチェーン、そういうことか!

https://wired.jp/2017/03/05/moving-patient-data/《各処方箋は“預金”のようなものだ。医者が投薬を停止するときに、その預金は引き出される。ブロックチェーンを使えば、医者はすべての預金と引き出しの記録を確認する必要はなく、単に残高を見ればいい》…

『サピエンス全史』(終盤)

(ここからの続き↓) この本は、人類が、社会や生活の基盤を、劇的に、しかも、幾度も、変容させてきたことを、思いがけない視点から、ありありと実感させるわけだが、下巻の終盤まで来ても、その勢いは衰えるどころが加速している。近代科学による激変、資…

ツイッター進化論(随時変異)

後に言ったことが先に出て、先に言ったことが後に出る。ツイッター。そんな奇妙な時間の方向に出くわした人類。本は最後まで読まないと結論がわからないが、ツイッターは最後まで読まないと前提がわからない、ということになるか。とはいえ、前提と結論のは…

ワープロ、カーナビ、Google翻訳

ワープロが出現して漢字を書かなくなった。カーナビが出現して地図を開かなくなった。同じくGoogle翻訳が向上して英文翻訳しなくなりつつある。じゃあヤフー知恵袋が出現して調べものをしなくなったかというと、なんだか余計に調べなくてはならなくなった感…

JASRACをめぐって

音楽作品は情報および権利の統一的な管理がかなり行き届いているように思う。情報管理が行き届いているというのは、とりわけiTunesなどで保管・再生される楽曲の1つ1つに、アーティスト名やタイトルや年代やジャンルなどが、みごとに自動的に付加されてい…

★サピエンス全史(下巻)

(ここからの続き↓) 宗教に関する考察。ここはさして新味もなかろうと思っていたら、完全に裏切られた。宗教の本質…というかむしろその単純かつ基本の事実が淡々と指摘されていくのが、決定的に面白い。「そういえばそうだ!」と今さら気づかされること、多…

★サピエンス全史(読書再開)

(ここからの続き↓) 貨幣について。貨幣が宗教や国家や文化を超えてユニバーサルであるという指摘に、「そういえばそうだ!」と改めて感じ入る。日本人もミャンマー人も米国人も中国人もIS人も、仮に互いの素性がまったくわからなくても、ドルだけは信用す…

重大ニュース

最近になって私たちは忘れっぽくなったのか? それとも最近になって世界や日本では起こることが多くなったのか? それよりは世界や日本で起こっていることに私たちが過剰に触れられることのほうが問題なのだろう。しかし、考えることがいくつあっても脳は結…

参加感がない(ツイッター時代の不定愁訴)

日本中のできごと・世界中のできごとが、ネットのブラウズだけで手に取るようにわかる。……「いや、手に取るようにわかるわけではない」と反論されるかもしれない。だったら「昔は、手に取るようにでなく 何がそんなにわかっていただろうか(何もわかっていな…

人工知能になる日も近づいたんだよ ♪

https://translate.google.co.jp/?hl=ja#ja/en/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%80%81%E3%81%99%E3%81%92%E3%81%88%E3%80%82 *Google翻訳が凄いぞ面白いぞということで、みんないろんな文章を試しているところだろうが、そのう…

ツイッター進化論(随時変異)

鳥がみごとにかたまって飛ぶのと同じことがツイッターでもいつも起こる。

ビットコインその可能性の中心と曖昧

NHK『深読み』でビットコイン。本当にわからないことを、本当にわかりたくて、そして、本当にわかったことだけを伝えてる感があって、好感がもてる番組。思えば、近ごろネットのおかげで(テレビもだが)、わかっているようでわからない漠然・曖昧とした大量…