東京永久観光

【2019 輪廻転生】

石戸諭「沖縄ラプソディ」

石戸諭の多層的なルポ「沖縄ラプソディ」(Newsweek 2.26)を読んだ。 辺野古や沖縄のことを、私としてはこれまでになく真面目に知り考える機会になった。賛成派か反対派か(あるいは本当は無関心か)すぐに透けてしまうような多くの記事とは、書き手のスタ…

金正恩

中国を鉄道で縦断・横断してハノイまで行くって、いいね!(お土産はTシャツ) <26日> やくざの親分が降りてきた。ドンダン駅から。姉御を連れて。またも黒塗りの車と人が走る。 <28日> 合意に至らずか。

疲弊

ぐうの音は出る * 寝たきりツイート(健康寿命とは?) * 日が長くなった(気も長くなりたい)

★哲学入門/戸田山和久

戸田山和久『哲学入門』ちくま新書(2014) https://pic.twitter.com/nLhkKt0qea ここまでぼろぼろになったのは浴槽に落としたせいだが、気持ちとしてもこれくらい熟読した。 生物は岩石とは違う。さらに人間は他の生物とは違う。つまり、私たちがものごとを…

仕事、仕事

あしたは休みだから仕事できるのだからきょうは仕事しなくて休んでもいいのだ。それでいいのだ。♪ * 制御資源というもの(考え方および実体)があるのか。初めて知った。興味深い。 https://twitter.com/philomyu/status/1096568565510004736 以下に詳しく…

統計問題とかいうけれど

BSのTBSで、政府の統計問題をやっているのを見ていたら、ある出演者の理屈の熱弁が「私に似ている」と言われた。藻谷浩介さん。いや実のところ、藻谷さんの主張と口調に共感するからこそ、この番組を見ていたのだ。 藻谷さんは「政治家もマスコミも経済と統…

地獄とは

https://twitter.com/doctoreverthing/status/1054422799102570496 地獄とは死んだ後でなく死ぬ前に存在するのだな。天国もだけど。

ララランド的、マルホランド的?

『ラ・ラ・ランド』の話で盛り上がりたい気持ちは、その成り立ちのために仕組まれた手はずの膨大さを一つ一つ掘り起こすことの面白さに起因するのかなと、ふと思った。だとすると、世界史の話や生物進化の話で盛り上がりたい気持ちに、似ているのかもしれな…

独白(毒吐)

心のエネルギーが枯渇しているとき、それでも行動を起こさせるものは憤怒だけ。 「バカヤロー、ぜんぶ俺がやってやるよ、やりゃいいんだろう」 悲嘆では動きだすことができない。

安田純平さん

安田純平さんはイラクでは「人質になった」わけではなかったのだ。15年もたって初めて知った。 https://www.mag2.com/m/0001685218.html(サンプル号)

「存在ではなく操作」

佐藤文隆『量子力学は世界を記述できるか』をめぐって 《量子力学が私たちに教えてくれるのは、世界の「操作」であって、その世界の「モデル=存在」ではない。なぜ前者でしかなく、後者でないのかは、そもそも私たちにとっての「知識」がどういうものである…

何を見ても何か仕事を思い出す

どうせなら仕事したほうがいいのでは?

★緑の光線

さっき出先のテレビに『緑の光線』(NHK BS プレミアムシネマ)が映っていた。すぐにわけもなく目がとまってしまう。南仏のバカンスの食卓で数人の男女が食事しながら会話している様子が、きっちりしないショットで長々と捉えられている。 みんな自在に食べ…

「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」

「欲望の資本主義2019~偽りの個人主義を越えて~」(NHK BS1スペシャル)を視聴。 高度な内容と上質の意匠で他の追随を許さない番組。しかし「結局わかりませんでした」! 答えどころか問いさえも固定せず、多数の識者の弁を乱反射させることで、新鮮な刺激…

科学哲学は一般的だけど、こうした医療の哲学というのは、あまり例がないと思う。しかも、ニュース解説的ではなく、まさしく批評として覚醒させられるような記述。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56663

★blank13

映画『blank13』をDVDで視聴。まるで華のない救いのない弔いの席が、図らずも、様々にタガが外れたネジが緩んだ人物たちの、さながら博覧会へと展開! しかしそれらすべてを上回って、なぜかどうしても、そのどうしようもない人格にずるずる心を奪われざるを…

指というインターフェース

南インドの人は、手の指でカレーと米飯をこともなげにこね合わせ口に運んでいた。実際に見るとなかなかカルチャーショック。私は真似をする気概もなくスプーンを使った。 キーボードで文字を打つ私の横で、スマホに指先で文字を打つ人を、まじまじとみている…

神がいなければ天皇を拝めばいいじゃない

――そうかも。

ライブ・エイド1985「ボヘミアン・ラプソディー」

「ボヘミアン・ラプソディー」 曲はリリース時にラジオで聴いているのだが、ライブエイドの頃のクイーンは記憶がない。記録映像をユーチューブでみても「フレディーはインド人だなあ」とインド帰りなのでそんなことを思うばかりで、やはり何も思い出さない。…

ツイッター深層学習

はてなブックマークの時代からそうだが、「いいね」やリツイートの集積によって、自分の思想や言動は微妙に調整される、という実感がある。しかも、そうした無意識下の調整を意識的に利用するつもりで、あえてブックマークやリツートをすることもある。人間…

インド旅行中 (2)

旅先(インド)の宿で、英国から来た年配の夫婦と話す機会があり、「イギリスで最も偉大な人物は誰でしょう?」と質問したところ、旦那さんは「普通はシェイクスピアと答えるんだろうけど…」と前置きしつつ、ニュートンそしてダーウィンの名を挙げた。ああま…

インド旅行中

歯ブラシがすぐ黄色くなった。

資本主義的な幸福

資本主義的な幸福はじつにみな同じような幸福だが、諸地域の資本主義的でない不幸はどれもみなそれぞれに不幸だ。ただしそれが本当はみなそれぞれに幸福であるのかもしれないところが、私にはわからないところだ。

旅行するのだが…

自撮り棒は持っていかないが、肩こりほぐし棒を持っていくことにした。最近ちょっと肩が凝る。

議論のワールドカップというかペナルティーキック合戦みたいなのをTwitterで目撃していたナウ

https://togetter.com/li/1304780 「落合陽一氏、古市憲寿氏、荻上チキ氏の議論(終末期医療などをめぐって)~2019年1月※3日現在、議論継続中」

NHK FMで「ボヘミアン・ラプソディ」のちょっととぼけた分析をリスニング中

「帰ってきたヨッパライ」や『人間の証明』テーマ曲との関連を指摘。

あけましておめでとう!

(今年から急に変わることは特にないな、たぶん)

大悔日?

平成の30年間「なんだ、夢だったのか」 人生そのものが夢のようだった、心底そう思う人も多いだろう。 一方、この宇宙すべてが夢かもしれない、心底そう思う人はあまりいないと思う。しかし、宇宙とはいったい何だ? なぜあるんだ? どうやってできたんだ? …

つれづれ

ディスったり藁ったりイライラしたりするために年中タイムラインをたどってるわけじゃないよね。もっと驚いたり気づいたりあきれたり笑ったりワクワクしたりしたい。 * 正月のデジタルトランスフォーメーション化を思いつく。すなたち娯楽・教養すべてネッ…

2018年 読書記録

★知の果てへの旅/マーカス・デュ・ソートイ★偶然の科学/ダンカン・ワッツ★フッサール 心は世界にどうつながっているのか/門脇俊介★ドゥルーズ 解けない問いを生きる/檜垣立哉★イスラム教の論理/飯山陽★夜の果てへの旅/セリーヌ★「レ・ミゼラブル」…