東京永久観光

【2019 輪廻転生】

★ファクトフルネス

評判だった本『ファクトフルネス』を読んでいる。 なるほどポイントは「ドラマチックすぎる世界の見方」(p.20)なのだ。それが貧困や格差をめぐる思い込みを招く。たとえば世界の人は高所得と低所得で二分されてはいない。4つの所得レベル(人口比 1:3…

★マンゴーと手榴弾/岸政彦

(11月19日) https://twitter.com/sociologbook/status/1196755503457554432 この少し懐かしい歌は「俺の俺の俺の話を聞け〜」と叫ぶのだが、実は週末この人の『マンゴーと手榴弾』を読んでいて、どうしても浮かんできたフレーズが「人の人の人の話を聞け〜…

SNSで紅葉狩り

アカイ ハナコ

咳が続いているので近所の耳鼻科に行ってきた。パソコンに表示されているカルテ見本、氏名が「アカイ ハナコ」だった。

ローマ教皇 来日

おれやおまえが祈っても世界は平和にならないが、教皇が祈ったり天皇が祈ったりすれば世界は平和になる。そういうものだ。 * 人類はけっきょく賢いのだろうか、愚かなのだろうか。天国なんて実はあともう少しで、その薄い天井さえ破ればいいのだという気が…

きょうも「貼り付けて検索」

茂木健一郎×東浩紀「2019年・晩秋の巻」

3:24:14に奇跡は起こる!https://live2.nicovideo.jp/watch/lv322898823

勤労怨恨の日

知識の蓄積と連結

そういえばこのあいだ、統計でいうリスクとオッズの違いがわかった。わかってしまえば単純なことだった。ほんの小さなことでも何かが明瞭になるのは良いことだ。 金銭を蓄積する、人脈を連結させる、もう無性にそうしたい、それが自然な人生かもしれないが、…

いくやまいまい おやいかさかさ…あべのうそうそ

『フレンチ・コネクション』(NHK BS)が面白すぎて仕事中断

★三体/劉 慈欣

『三体』(劉 慈欣)を読んでいる。 意外にも文化大革命の一幕から始まる。糾弾されているのは科学者。相対性理論もビッグバン理論も「反動的だ!」と断じられる。「すべての反動的学説を打倒せよ!」 ホントにそんなこともあったのだろうか? 紅衛兵「お前…

せいぜい10か100

たとえばAIは10000の小説を書けるし10000の小説を読めるだろう。しかし人間はせいぜい10か100の小説しか扱えない。その限界ゆえに保たれる人生と価値がある。それは愚かで狭くとも良いものだと今は言うしかない。

★流れる/成瀬巳喜男

成瀬巳喜男『流れる』を久しぶりに視聴した(DVD)。なぜかというと、先日、台風の深刻な被害が千葉県に広がったニュースで鋸南町(きょなんまち)という地名を目にし、鋸山(のこぎりやま)のことが『流れる』に出てきたことを思い出したから。 つまり、ミ…

世界史と他者の実在感

WindowsのWordと、MacのPagesは、リンガ・フランカが存在しない。 「リンガ・フランカ」と言ってみたかった。フランク王国に由来するらしい! * 先日「フランク王国」と書いたのは、最近 世界史の本を読んでいるからだ。山川出版『詳説 世界史研究』。同じ…

21世紀 哲学の転回

哲学史には「言語論的転回」というのがある。「何が本当か/なぜ本当がわからないか」には、言語こそが関係するから、言語の解明こそが不可欠だね、といった態度変更を言う。(それまでは認識=意識こそが真理に関係するとみてきた) この「なんとか的転回」…

10日ぶり快晴の朝

雪化粧した富士山 https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/10/23/6388.html

2019年10月22日 覚え書き

https://twitter.com/selfcomestomine/status/1185590074039095296 山や河には心なんてないのにあるかのように思いこむ。それと似たことで、人間にも心なんてないのにあるかのように思いこむ、ということか! 実際にはきわめて多様で散漫でしかない感情や意…

この新幹線が自宅まで行ってくれるといいのに…

不条理と冠詞

あいかわらず仕事は不条理だが、そもそも世界が不条理なので、受け流すことにする。 不条理と言ってから不条理ってどういう意味だっけ? と思い、検索したら、「英語部」というサイトがあり、そこの解説がとてもわかりやすかった。 ついでにそこにあった「冠…

愚かさ競争

◎「給食のカレーやめます」教員いじめで保護者説明会 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000167039.html 愚かなニュースは私には救済と慰安。自分はさすがにここまで愚かではないと気が楽になれるから。かくして、私の愚かさのほうは、手つ…

ラグビーワールドカップ感染

何かが「わかっていく」というのは、後ろや横にしかパスできなかったり、押し合いへし合いしながら転がりでたり、そんなことをしながら、ジワリジワリ、気がつくと、遠かったゴールのラインが、あっそこに、というかんじですね。

定型コミュニケーション技能発達

恵まれたホワイトな事業所であるほど、相手への要求や非難はかぎりなく婉曲的な文言で伝えられる。そのため、非定型の発達が疑われる者は、よほどの文言が投げられて「あ、これ、おれ、まずいの?」とやっと気がつく。――というか、その定型コミュニケーショ…

天皇 ブルーオーシャン

カレンダーの10月22日が赤いことにふと気づく。なんだっけ? 「即位の礼」にちなんだ祝日だった。 天皇制は日常の隅々にまで浸透している。ハロウィンやクリスマスと同程度に実在している。実質的に機能しこちらも応答していると言わざるをえない。 これほど…

たほいや

タピオカは、手にすることが一度もなく、過ぎ去っていくのだろうか。瞬時に滅んだ幻の国のようだ。安土桃山時代のようだ。 (偽)満州国のようだ。

軽労働ではないが、もういい

★幸せではないが、もういい/ペーター・ハントケ

ペーター・ハントケ。私たちにはヴェンダースの映画にからんで強く記憶された名前。そして私は1作だけ小説を読んでいた! 鮮烈なダメージのそのタイトルがまた、けっして忘却を許さない。『幸せではないが、もういい』 2003年に読んだときのメモが残っていた…

★TOKYO 2021 美術展

このあいだ(9.21)見に行った「TOKYO 2021 美術展」 ふと高校や大学のころの文化祭の日を思い出した。ふだん使っている建物や部屋に、見慣れないへんな創作物が、自在に置かれて、乱雑に広がっていくような、そんな感じがしたからだろうか。 それにしても、…

心が満たされず 頭にも何も入らないときは 腹につめこむ

生命システムにおける機能と情報の分離?

分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 | 東京大学 https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z0109_00230.html これはいったい何の話なんだろう? 《機能と情報の分離は生命システムのさまざまな階層で見出されている。多細胞生物で…