東京永久観光

【2019 輪廻転生】

発現する業務と遺伝子

それにしても今回、組織的なプロジェクトに加わって思ったのは、多数のスタッフが与えられた各々の業務を淡々とこなすのは、遺伝子の発現さながらだ ということ。 細胞が滞りなく再生産されたり臓器が計画通り出来てきたりするのは、人体もプロジェクトも同…

改元ジャパニアン狂詩曲

ゼロサムか、なるほど〜 * この2か月あまり仕事が怒涛のごとくで、やっと波が引いたら、ふと『騎士団長殺し』の続きが読みたくなった。仕事システム世界とは完全に異なる秩序と相貌としか言いようがない春樹システム世界。文庫化されるとか? あやうく令和…

音楽

耳にチューブで栄養と薬を注ぎながら眠りに入る。 * 気が重いときにいつも聴くことにしている曲を聴く。気が軽くなりつつ、気が重いときのことをちょっと思い出す。

柄谷行人bot

柄谷行人のbotが、本に書いてあることを毎日しつこく繰り返すので、「もうわかってるよ」という気になるけど、わかってるわけではない。

帳尻

いろいろ帳尻を合わせて生きていく。確定申告とかも。帳尻を合わせるために、空爆したり銃乱射したりアンコールワットまで行って人を殺したり、せざるをえないことも、あるのかというと、絶対ないとは言えまい。でも、確定申告は少々適当でもいいが、後者が…

徒然(草w)

なんか私もこんなかんじで仕事がいつまでも終わらないんじゃなかろうか https://twitter.com/renkon2525/status/1107242709763284992 * 毎日Twitterしてる人とfacebookしてる人では、世界イメージや人生イメージが、ヒンズー教徒とキリスト教徒ぐらい、異な…

つれづれ(その反対)

夜中に布団の中でタブレットを支える腕の筋肉が太くなる。現代病。 * きょうも千葉雅也に救われる。 https://twitter.com/masayachiba/status/1106954218198319104 * しかしまあ、家族より会社の人と長い時間を過ごすってスゴいことだな。土曜日に会議で。…

壊れていく(All work and no play …)

落ち込んでる暇がないほど忙しくする力がないほど落ち込んでる暇がないほど忙しくする力がないほど落ち込んでる暇がないほど忙しくする力がないほど落ち込んでる暇がないほど忙しくする力がないほど落ち込んでる暇がないほど忙しくする力がないほど落ち込ん…

★時計じかけのオレンジ/スタンリー・キューブリック

先日『時計じかけのオレンジ』をみたが、冒頭シーンは村上隆の先取りだと思った。それと母親は魔法使いサリー。空想オタク暴力映画。 https://youtu.be/vN-1Mup0UI0

川上量生☓松尾豊☓井上智洋 鼎談

「デジタル・レーニン主義」という用語があるそうだ。中国などの全体主義の国がAIを使って人々を統治するような文脈。文藝春秋3月号の川上量生☓松尾豊☓井上智洋お三方の鼎談で。 実はこの文春、芥川賞「ニムロッド」(上田岳弘)を読もうと思い手にした。「…

やるしかないが、やれるしかやれない

無理なことは結局できないんだ、というのがどうやら真理らしいと気がつくわけで、しかしそうすると、きょうも私は、実は無理などしなかったということになるだが、まあそうだろう。安楽に生きよう。

東浩紀の哲学実況

左には頭がかたい人ばかりではない。右には頭がゆるい人ばかりではない。そりゃそうだよね。忘れかけていた希望が激しくよみがえる! https://live2.nicovideo.jp/watch/lv318550505(千葉雅也×三浦瑠麗×東浩紀「『21世紀の戦争と平和』&『欲望会議』刊行記…

★牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件/エドワード・ヤン

仕事の合間をぬって『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』のDVDを見た。すでにビデオで1回、劇場で2回見ているのだが、今回やっとストーリーが俯瞰でき人間関係も把握できたかも。 http://www.bitters.co.jp/abrightersummerday/ じゃあ今まで、ストーリー…

神がクシャミをすると人が風邪をひく

http://sxpxs.org/columns/bookreviews/conwaymorris.html 《われわれヒトが今このようにあるのは偶然である》。 ある書評のタイトルなのだが、あまりにあっけない。が、このあっけなさに、われわれはもっと慣れたほうがいい。「わわれれヒトが今このように…

『カメラを止めるな!』(テレビ放映) 

エンドロールでは、神(映画そのものを見せてきた第三のカメラマン)がとうとう姿を現す。「待てよ、じゃ第三のカメラマンは、だれが撮ってるんだ?」 ――少年よ、そのカメラこそが哲学と呼ばれるんじゃ。 「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」と私た…

平成の30冊

https://book.asahi.com/feature/11021311 「識者120人が選ばなかった平成の30冊」ということなら、私はまず『逆光』と言いたいが、しかし平成のうちに読み終わらないことも確実になってきたのであった。

え、鬼瓦ゴーン造?

(既出だった) というかさ、私の昭和平成人生で、鬼瓦権造に比べたら、ゴーンなんていかほどのものか。

多忙なり

朝寝したら仕事が立て込んで間になく合わなくなった夢を見て目が覚めた。眠る直前こんな図を見ていたせいだ!(いや違う、仕事はほんとに立て込んでいるのだった) https://twitter.com/tokyoloopline/status/1101017106768846849 しかも何故かジョギングし…

石戸諭「沖縄ラプソディ」

石戸諭の多層的なルポ「沖縄ラプソディ」(Newsweek 2.26)を読んだ。 辺野古や沖縄のことを、私としてはこれまでになく真面目に知り考える機会になった。賛成派か反対派か(あるいは本当は無関心か)すぐに透けてしまうような多くの記事とは、書き手のスタ…

金正恩

中国を鉄道で縦断・横断してハノイまで行くって、いいね!(お土産はTシャツ) <26日> やくざの親分が降りてきた。ドンダン駅から。姉御を連れて。またも黒塗りの車と人が走る。 <28日> 合意に至らずか。

疲弊

ぐうの音は出る * 寝たきりツイート(健康寿命とは?) * 日が長くなった(気も長くなりたい)

★哲学入門/戸田山和久

戸田山和久『哲学入門』ちくま新書(2014) https://pic.twitter.com/nLhkKt0qea ここまでぼろぼろになったのは浴槽に落としたせいだが、気持ちとしてもこれくらい熟読した。 生物は岩石とは違う。さらに人間は他の生物とは違う。つまり、私たちがものごとを…

仕事、仕事

あしたは休みだから仕事できるのだからきょうは仕事しなくて休んでもいいのだ。それでいいのだ。♪ * 制御資源というもの(考え方および実体)があるのか。初めて知った。興味深い。 https://twitter.com/philomyu/status/1096568565510004736 以下に詳しく…

統計問題とかいうけれど

BSのTBSで、政府の統計問題をやっているのを見ていたら、ある出演者の理屈の熱弁が「私に似ている」と言われた。藻谷浩介さん。いや実のところ、藻谷さんの主張と口調に共感するからこそ、この番組を見ていたのだ。 藻谷さんは「政治家もマスコミも経済と統…

地獄とは

https://twitter.com/doctoreverthing/status/1054422799102570496 地獄とは死んだ後でなく死ぬ前に存在するのだな。天国もだけど。

ララランド的、マルホランド的?

『ラ・ラ・ランド』の話で盛り上がりたい気持ちは、その成り立ちのために仕組まれた手はずの膨大さを一つ一つ掘り起こすことの面白さに起因するのかなと、ふと思った。だとすると、世界史の話や生物進化の話で盛り上がりたい気持ちに、似ているのかもしれな…

独白(毒吐)

心のエネルギーが枯渇しているとき、それでも行動を起こさせるものは憤怒だけ。 「バカヤロー、ぜんぶ俺がやってやるよ、やりゃいいんだろう」 悲嘆では動きだすことができない。

安田純平さん

安田純平さんはイラクでは「人質になった」わけではなかったのだ。15年もたって初めて知った。 https://www.mag2.com/m/0001685218.html(サンプル号)

「存在ではなく操作」

佐藤文隆『量子力学は世界を記述できるか』をめぐって 《量子力学が私たちに教えてくれるのは、世界の「操作」であって、その世界の「モデル=存在」ではない。なぜ前者でしかなく、後者でないのかは、そもそも私たちにとっての「知識」がどういうものである…

何を見ても何か仕事を思い出す

どうせなら仕事したほうがいいのでは?