東京永久観光

【2019 輪廻転生】

人生

★急に具合が悪くなる

『急に具合が悪くなる』 https://amazon.co.jp/dp/4794971567 読書開始。 《私が「いつ死んでも悔いがないように」という言葉に欺瞞を感じるのは、死という行き先が確実だからといって、その未来だけから今を照らすようなやり方は、そのつどに変化する可能性…

ツイッター進化論(随時変異)

人はツイートの総数が年々減っていって死んでいくのだろうか。あんがい年々増えていって死んでいくのだろうか。どちらが幸いなのか。よくわからない。どっちもたいして…?

さようなら 2019年

このデスクで人生が完結しそうなかんじ。少なくとも今年は完結する。 「浅草キッド」(紅白歌合戦)

暮れに追いつかない

今年は仕事がやけに忙しかった。そのせいで心の中はずっと内田百閒の苦虫かみつぶし的な形相だった。表面はついニコニコしてしまうので、あいかわらずそういう人だと思われている気はするものの。 https://twitter.com/Hyakken_Uchida 毎年毎年、暮れに追い…

ツイッター進化論(随時変異)

記述式問題を延々採点しているが皆それぞれに間違っていて何時間たっても満点をつけたい答案には出会わない。ある夜のタイムライン。 少年のころ少し離れた町に製紙工場があった。連れだってそこに忍び込んだことを思い出す。巨大な建物にパルプ材料になる紙…

★マンゴーと手榴弾/岸政彦

(11月19日) https://twitter.com/sociologbook/status/1196755503457554432 この少し懐かしい歌は「俺の俺の俺の話を聞け〜」と叫ぶのだが、実は週末この人の『マンゴーと手榴弾』を読んでいて、どうしても浮かんできたフレーズが「人の人の人の話を聞け〜…

知識の蓄積と連結

そういえばこのあいだ、統計でいうリスクとオッズの違いがわかった。わかってしまえば単純なことだった。ほんの小さなことでも何かが明瞭になるのは良いことだ。 金銭を蓄積する、人脈を連結させる、もう無性にそうしたい、それが自然な人生かもしれないが、…

せいぜい10か100

たとえばAIは10000の小説を書けるし10000の小説を読めるだろう。しかし人間はせいぜい10か100の小説しか扱えない。その限界ゆえに保たれる人生と価値がある。それは愚かで狭くとも良いものだと今は言うしかない。

ラグビーワールドカップ感染

何かが「わかっていく」というのは、後ろや横にしかパスできなかったり、押し合いへし合いしながら転がりでたり、そんなことをしながら、ジワリジワリ、気がつくと、遠かったゴールのラインが、あっそこに、というかんじですね。

定型コミュニケーション技能発達

恵まれたホワイトな事業所であるほど、相手への要求や非難はかぎりなく婉曲的な文言で伝えられる。そのため、非定型の発達が疑われる者は、よほどの文言が投げられて「あ、これ、おれ、まずいの?」とやっと気がつく。――というか、その定型コミュニケーショ…

★幸せではないが、もういい/ペーター・ハントケ

ペーター・ハントケ。私たちにはヴェンダースの映画にからんで強く記憶された名前。そして私は1作だけ小説を読んでいた! 鮮烈なダメージのそのタイトルがまた、けっして忘却を許さない。『幸せではないが、もういい』 2003年に読んだときのメモが残っていた…

グレタに共感するとしたら…

グレタさんが「地球温暖化このままじゃヤバイのはわかるよね? なんでみんな受け流してるの?」と焦るのは、私が「オレもキミもいつか必ず死ぬのは知ってるよね? なんでみんな受け流してるの?」と焦るのに近いのだろうか。 * それはそうと、政治環境も悪…

★時効警察

コロンボを今さら見るのも変わっているが、ついでに『時効警察』をアマゾンで見たら空前の面白さ(バカバカしさ)で、今さら中毒状態になるのは特別変わっているが、当時まったく見ていなかったから、あまりに新鮮で、そうかタイムスリップとはこういうふう…

現世とオフライン

ネットにつながらないスマホで過去のログだけを読んでいると、死んだ後の世界を生きているような感じがする。現在進行中の外界と通信できない。まさに現世とオフライン。

ジョギングしたい/したくない

明日ジョギングしたくないから今日ジョギングする。明日ジョギングすればいいから今日ジョギングしない。長く生きるのはどっちだ。楽しく生きるのはどっちだ。 ♪ あしたはどっちだ? https://www.youtube.com/watch?v=QLBzjgGWEMk

緩和ケアと安楽死をめぐって

https://htn.to/2bThP7zRdx 粘り強い考察。こんなふうに緩和ケアと安楽死について考え抜くことができたあとであれば、どんな死でも、まあ仕方ないと思えるのかもしれない。

職業図鑑

Before There Were Alarm Clocks, Knocker-Ups Were Paid to Wake Up Their Clients by Knocking! 時計がまだ高価で信頼できなかった時代の話ということで、じゃあそれ以前 寝坊助はどうやって起こしてもらってたんだ? と思うわけだが、それ以前は無理に起…

私は投票には行くのだが…

私は投票には行くのだが、皆さまが期待するところに入れるとはかぎらないのが心苦しいところだ(参院選) 「安倍政権賛成」の人と「安倍政権反対」の人では、互いの気持ちがあまりにも謎だと感じられるはずだ。しかし、そうした戸惑いはあまり語られない。そ…

人工知能ではなく生物知能

「超一流プログラマーはどういう働き方をしているのか?」 https://gigazine.net/news/20190719-when-best-programmers-work/ 私と一緒だ! 平日と休日の仕事の比が。「超一流」がではなく… 自分の実働時間を知りたいと思うのだが、プログラミングの仕事だと…

緩和ケアと安楽死

《ベッドで寝たきりになり、トイレまで歩くのがやっとになっても、自分の最期はまだまだ先の事、今考えなくて良いと思うのが、病人にとっては普通のことなんだと今の私にはよく分かります。今日と同じ明日が来ると》 以下から引用 https://www.buzzfeed.com/…

「俺の人生は何なんだ」

元次官長男「俺の人生は何なんだ」 6日前激しい暴行か https://www.asahi.com/articles/ASM65362QM65UTIL004.html ムカムカイライラしか、やっていく燃料にできない、そんなことは、よくある。

神はいないけど 無意味じゃない

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/6-50.php 全体的に、無神論者・不可知論者の方がそうでない人と比べ「この世は究極的に無意味」と考える傾向が強い中、唯一日本だけが、「この世は無意味」と考える無神論者・不可知論者の割合が一般の…

変えうるのは世界の限界であり、事実ではない(ウィトゲンシュタイン)

加藤典洋さんが亡くなった。驚きと落胆。それと71歳という年齢の早さ。そうかと思えば、きょうは、ついこのあいだまでを一緒に仕事していた方の訃報を聞いてしまった。69歳。……おまえはあと何年生きるつもりなのか? そう自問せずにはいられない。 この微妙…

★安楽死を遂げるまで/宮下洋一

『安楽死を遂げるまで』(宮下洋一)を読んだ。 自分も必ず直面するテーマだと思っているけれど、きちんとした本は初めて。スイス、オランダ、オレゴンなどの制度化されたケース、日本の犯罪とされたケースなどを紹介。当事者を丁寧に取材しており、その事情…

★すいか/木皿泉

ドラマ『すいか』を見ている。 『富士ファミリー』つながり(木皿泉)、『廃市』つながり(小林聡美)で、自然な流れ。オールタナティブな自分探し・意味探し系とでも言おうか。 笑うのと泣くのが7:3の割合。 * https://twitter.com/tokyocat/status/112…

ツイッター長い

桃栗3年、ホームページ8年、はてなダイアリー6年、ツイッター10年か。 ツイッター長い。 というか私が長い。 象は鼻が長い。

★存在の耐えられない軽さ(続き)

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/04/30/から続く 『存在の耐えられない軽さ』読んでいる。 小説を読むのが以前に増して遅くなった私としては驚くほどのスピード。とても複雑なことが書いてあるのに、とても面白い複雑さであり、しかも、きわめて…

★存在の耐えられない軽さ/ミラン・クンデラ

小説をちゃんと読んでいなくて、なんかないかと図書館で手にしたのが、ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』。これが実に面白くて驚く。しかしそれに負けず驚いたのは、この小説2000年に一度読んでいたことが発覚したこと。 良い小説を少しは読んでき…

神なき世界に物語あり

松尾豊さんの本をまた読んでいる。『超AI入門』(NHK番組の関連本)。人間の「心」という広い働きから「知能」のみ抽出しモデル化し代替させるのがAIだという見方。それに対し「心」のうちの「感情や本能」は進化のプロセスなしには出て来にくいという見方。…

発現する業務と遺伝子

それにしても今回、組織的なプロジェクトに加わって思ったのは、多数のスタッフが与えられた各々の業務を淡々とこなすのは、遺伝子の発現さながらだ ということ。 細胞が滞りなく再生産されたり臓器が計画通り出来てきたりするのは、人体もプロジェクトも同…