東京永久観光

【2019 輪廻転生】

蓮舫氏、戸籍公開会見


無謬のキャラ、痛々しく、他人事ではなく…


「大好きですよ、日本は」――この人がこんなことを思わず口にしなければならない境地に追い込まれるのは、今回はこの人の生まれが理由だが、生まれのほかの理由で自分が同じ境地に追い込まれてこんなことを口にする可能性について、想像する。


高慢(蓮舫)と偏見(私)


<前記7.12>
蓮舫さんが嘘つきだとどれほど私が思っていようと、蓮舫さんが自分の戸籍を私に知られる筋合いはまったくない。


<後記7.20>
もうこの話いいよという感じではあるが、1つ新たにふと気づいた。蓮舫氏が二重国籍になれるのは「生まれ」(両親の国籍がたまたま異なっていた)のせいでしかなく、他の人が二重国籍になれないのも「生まれ」のせいでしかない、という見方もできる。この点には二重国籍を許容できない理屈がある。