東京永久観光

【2019 輪廻転生】

ポーカー、タイムライン、ニューロンネットワーク


ポーカーでカードが配られるとき、自分の手元に来る5枚の組み合わせは何通りあるかというと、52×51×50×49×48で、3億1187万5200通り。(計算が間違ってなければ)

ツイッターのカード(ユーザー)はもっともっと多いし、配られる(フォローする)数ももっともっと多いから、その組み合わせは、さらにおそろしく膨大になるだろう。つまり、あまりにも多種多様なタイムラインが、この宇宙には存在するのだ。

そこから考えると、無数の遺伝子の微妙な変異の膨大な組み合わせや、無数のニューロンの反応の違いの膨大な組み合わせによって、人の個性なんてのは、どれほど多種多様でも、まったく不思議はない気がしてくる。私も、私のタイムラインも、少なくともこの宇宙には、間違いなく1つしかないだろう。

∴ ひとと意見がちがっても 目くじらたてず 潮 吹かず わが道いけ どんどん(♪ 大滝詠一

(参照:https://www.youtube.com/watch?v=ZS9w2g5n7jk

自分と意見がすべて一致する人なんて、この世にいるわけない道理(それはだれもがわかっている)