東京永久観光

【2019 輪廻転生】

インターネットのハブ・連結


<ハブ>

誰の脳にもネットワークにおけるハブというものがある。琴線と言ってもいい。トラウマと言ってもいい。そのハブを作ったのは私ではないにせよ、私の脳だとは言えるだろう。

さてインターネットにもハブがある。SNSやブログなどのサーバに蓄積された情報と構築された連結のなかから出来てくる。それは結局、脳の代わりをしてくれるのだが、しかしそれは、私も私の脳も手を出せない場所にある。


<連結>

私がフォローしているAさんと、私のマイミクのBさんと、私のアンテナからブログが読めるCさんとが、いずれもとても似ているのに互いにはたぶん知らない、ということは、ままある。

私がそれを伝えないと、Aさん・Bさん・Cさんは、いつまでもつながらないままかというと、ネットというのは、そうした似ている情報を、たがいに伝え合うしくみになっているようにおもう。

なんかうまいこといくのだ、たぶん。脳の似たものニューロンA・B・Cの連結も、なんかうまいこといくように思う。