東京永久観光

【2019 輪廻転生】

インターネットのバブルと進化


facebookから(twitterからもだが)余計なメールが毎日来るのは、クリックやリンクというネット上の景気対策だろう。お金の出し入れが無くなったら経済が死ぬように、情報の出し入れが無くなったらネットは死ぬ。

 *

しかし、「いいね」や「リツイート」は無限にできるが、お金は無尽蔵じゃない。…と思いきや、政府の財布ばかりは、わりとけっこう無尽蔵だったりする。

 *

それはそれとして、「いいね」とか「リツート」は、いくらでもタダでできるが、それをやってる1日の時間のほうは、昔と同じ24時間しかない。それは忘れないほうがよい。

 *

財布とfacebookはさておき、脳の経済というかニューロンのリンクとクリックも、ケチケチやるより、やっぱり大盤振る舞いしたほうがいいんだろうか? 

脳にもバブルの日があるような気がする。イケイケ脳。お立ち台みたいな高揚感。でも夜には夢がすべてをスクラップ&ビルドしてしまう?

 *

貨幣は物に縛られずに膨らみ、金融は貨幣にすら縛られずに膨らみ、経済とはなんだかよくわからない。

インターネットの交流交際もまた、生身の交流交際には縛られずに膨らむことができるのだろう。100回くらい言ってるが、もはやホモサピエンスじゃないよ、これは。

ホモサピエンス ツブヤキス http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20101223/p1

私はしかし、旧人類のまま滅びていくだろう(仕事長ザルより)


 *

(追記4.26)

《資本主義の下では、天文学的な収入を得るポジションが存在する。それはパフォーマンスではない》(茂木健一郎

コメを貯めておくには限度があるが、カネは際限なく貯めておける(貨幣の出現)。そのステージが1つ上がったのが、金融の出現なのだろう。