東京永久観光

【2019 輪廻転生】

言葉の意味の新しい定義


「言葉の意味」を、ためしに
「その言葉の
  ・ハイパーリンクによって または
  ・検索によって
 新たに出てきた別の言葉のことである」
と定義してはどうか。


妥当かどうかはさておき、こんな定義は、
かつて思いつくはずがなかったことはたしかだ。
文字が出現したころはむろんのこと
印刷術が発明された時代にも
パソコンやインターネットが普及し始めたちょっと前ですら
思いもよらなかった。


言葉の意味とは何か。
これは昔も今も難しい問題だが
ともあれ
「言葉の意味のようなものが
 瞬時に顕在化してしまう時代を
 私たちは生きている」
そのことは確かではないか。


言葉のうちに潜んでいた何かが
新たな言葉としてあらわになってしまう事態。
これはたとえば原子力発電の発明やDNAの発見に比べ
とても新しい出来事だ。
ヒトゲノムの解読すら昔のことに思える。
言葉というものをめぐって、私たちは
9.11や3.11に匹敵する激変に遭遇している。



ちなみに
BLOGOS(livedoor)の「なぞり検索」というのがなんだかすごい。
テキストのいかなる部分でも選択してクリックすれば
そのまま検索ができる
(ためしに→http://news.livedoor.com/article/detail/5557184/