東京永久観光

【2019 輪廻転生】

音楽

大変なものを聴いた

相対性理論/ハイファイ新書(asin:B001MC02XA) ●地獄先生 http://jp.youtube.com/watch?v=R4Ik8-RGUZk ボーカルがもちろん好いのだが、ミュートしたギターのリフがまた耳から離れない。作詞作曲はもっぱらベースの人が担当しているようだ。ちなみにこのPV…

夜も更けてまいりました

クーリエジャポンという雑誌をたまに買う。海外情報に加え世界が報じた日本の記事というのが売りなのだが、今回はなぜかポール・オースターの短い小説を作家本人が朗読しているCDが付いていた。オースターの声は誌面の写真にぴったりで、渋い。かつて読んだ…

東京転々観光

三木聡監督の映画『転々』をDVDでみた。 オダギリジョーと三浦友和は、借金を返せなくなった大学生とその借金を取り立てに来た男として出会うが、いろいろあって、それからの数日間、東京の町のあちこちを二人で散歩して回ることになる。行き先ははっきりし…

お休みをとって虹を見に出かけよう

10年ぶりの引っ越しとは、自分の持ち物の総点検でもある。手持ちの音楽CDは、ある時がんばってすべてパソコンにデジタル移植したので、ディスクは実質無用に近いが、捨てる気にはならないものであり、そのまま荷造りした。それより、もういいかげんにと思う…

◎きょうの演劇

チェルフィッチュ「フリータイム」岡田利規 作・演出 (NHK芸術劇場で放映)◎ちょっと関連 Tom's Diner(スザンヌ・ヴェガ) http://jp.youtube.com/watch?v=hg5ny9S1tnI

いつかすべての再生のために

この曲を聴くとあの頃が懐かしい、というのは誰にでもある。すっかり忘れていた自分の気持ちがふいによみがえる。そのとき見ていた風景や、一緒にいた人の顔や声、食べていた物の味や匂いまで思い出す。自分がつけた日記を読み返すことでも、そういうことは…

北京五輪の聖火リレー

例の中華屋に、といっても私にとって例のだが、その後もしばしば行く。渋谷の「上海食堂」(店名判明)。相変わらず「使えません」と張り紙のある自販機が入り口にあり、帰りには相変わらずそれがレジスター代わりになるのがふしぎだが、ふしぎなりにそういう…

ドミソのイロハ

たとえば「ハッピーバースデー・トゥー・ユー♪」のメロディーは耳になじみやすくハミングもしやすい。ところがこのメロディーの音符を上下逆さにしたり後ろから演奏したらどうなるか。とても聞けないし口ずさめない。世界には様々な音楽が存在するというが、…

目指せ! テレビ伝導師

スカイプ仲間はまだ一人だけなのだけれど、このあいだ「神とは何だ」という話になった。その余波で、結局私は「神」という言葉でどういうものを思い描くのか、この際だからとまとめてみた。相手にもメールしたら、少なくともこれには激しく同意してもらえ、…

読書のジレンマ

ものすごく好きな歌があって、でもそれを一度も声にして歌ったことがない、という人もいるだろうか。でまあ、歌は歌えるからいいが、インストゥルメンタルだと鼻歌にするしかない。もちろん楽器で演じられればいいのだが。さてでは、お気に入りの歌を歌うよ…

パールハーバーなんかなくてもすんだかもと想像してみようじゃないか

爆弾や拳銃で他人を殺したり自分が殺されたりすることが、ぜんぜん平気だとか生き甲斐だとか、心の底から思うような人は、賭けてもいいがめったにいない。それなのに戦争はなくならない。「いや戦争なんて誰も望まないさ。当たり前だろ。だけど、みんなが戦…

秋の夜長

仕事だが千葉県の鴨川市まで車で行ってきた。といっても助手席。首都高レインボーブリッジを渡って意外にも羽田方面。ナビが命じたのは川崎から東京湾アクアラインだ。私は初めて。浮遊感。さらに房総半島を横断。コスモスに彼岸花。田畑や河川の山里は果て…

思い出の土砂降り

1972年に大ヒットした「カリフォルニアの青い空」という歌がある。アルバート・ハモンド。その歌詞がじつはそう能天気なものではなかったことを初めて知ったという話。http://d.hatena.ne.jp/yinamoto/20071003#p1私もきょうのきょうまで知らなかった。「カ…

吹きぬける風のような俺の住む世界へ(俺の住む家?)〜追記:メチキチレ族の歌聴ける

仕事の終りはやっぱりいつも嵐のようだ。 …嵐というか、嵐に吹き飛ばされるボロ家のごとしというか。 最後にこんなに仕事熱心にならざるをえないのは、 ふだんが仕事熱心じゃないためだろうか。 * はてなという言葉は とても気が利いていてなかなか深くもあ…

梅雨入り記念に一曲いかが

小泉今日子「La La La…」まばらにスローに跳ねるこれくらいの雨…もまだ降らないが。雲にも似たベース音の自在な動きに、堅く細かくささやかに弾けるリズム音や、ぬれる程度のギター音からいくらか大粒のピアノ音に受け継がれるコードストロークが、ぽっつぽ…

70年代 日本ロック

はっぴいえんど『風街ろまん』(1971年)を聴いたりしている。ASIN:B00006C1OQ 大滝詠一と細野晴臣と声のコントラストが面白い。 大滝の曲はへんてこで面白いが、 やっぱり「夏なんです」(細野作曲・歌)が傑出しているとおもう。 ぼんやり思い出す子供の夏…

But it's all right, it's all right

ポール・サイモン「アメリカの歌」に、ちょっと心が安らぐ mistaken、confused、forsaken、misused …「まあでも平気、平気」 完全に滅入ったつぶやきのはずが、なぐさめというか、 いやそれ以上に、強いはげましの言葉になる 歌詞は以下のページにある(CDの…

言語について素朴に考える (3) 〜インターネット言語そして音楽〜

言語記号は現実の対象だけでなく他の多数の言語記号とも複雑かつ規則的に結びつく、という話だった。この働きは通常は自分の脳内で起こっている。ところがインターネットの言語に限っては、きわめてショッキングなことが新たに起こる。読み書きしている言語…

言語について素朴に考える (2)

言語について素朴に考える (1) =http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070110#p1いくつか応答をいただきました。嬉しき哉。この先どう進めようか迷っていたのですが、それを触媒にさせてもらって、書き足します。 *●みちアキさんからの応答 http://d.hatena.n…

映画つれづれ

溝口健二の映画をNHKで少し前に特集していた。 まず『山椒大夫』をみた。(asin:B00005GEAY) 「平安末期の様子がとてもよく分かりました」 ‥なんて書くと、あまりに幼稚だろうか。 しかし、国司とか荘園とかその微妙な力関係とか、 歴史の時間に教わっても…

頭に効く薬(それは本?)

きのう夜になって猛烈に頭が痛くなった。パソコンと本にかじりついていたせいか、エアコンで冷えすぎたせいか、分からない。横になっても治らない。かれこれ数時間、眠りに落ちるまでずっと辛かった。ふだん頭痛には縁がないので、すぐ薬を飲むというふうに…

ニュースの感動

《愛 愛 それは強くて だけど脆くて また争いが 自然の猛威が 安らげる場所を奪って 眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく 沈んだ希望が 崩れた夢が いつの日か過去に変わったら 今を好きに もっと好きになれるから あわてなくてもいいよ》「to U」から…

青年的

冷蔵庫のビールや戸棚のお菓子が、さほど好みでなくても結局なくなってしまうように、本棚に新しく本が入っていると、電車に乗った暇つぶしに、眠れない夜のお供にと、案外次々に読み尽くしてしまうものだ。 『啄木 ローマ字日記』桑原武雄編訳 岩波文庫 だ…

一曲いかが

タイ旅行中(5月)は日本から持っていったiPod shuffleを毎日聴いていた。海外には日常を思い出すものは持ち込まないという旅行者もいる。でもなにかと気が滅入ったとき、耳にできる好きな曲の連続は、本当によい安定剤になる。 * 数えてみると全部で184曲…

たゆたう旋律そして人生

2.12に書いたアン・サリーの「蘇州夜曲」が手に入る。これはまいった。酔いしれてしまう。CDの他の歌もいいが、この一曲が私にとっては抜きん出ている。歌声はまさに水路をゆく舟のごとし。上下の揺れをしっかり含みつつじつに滑らか。旋律は4小節のまとま…

中央フリーウェイ(今はモノレールも交差する!)

このところ遠くまで出かける機会がけっこうあった。伊豆、愛知、山梨。いずれも高速道路を車で移動。巨大な富士山がきれいに見えたのをはじめ、途中の景色は無条件に面白かった。それが仕事の途中であれ気分はがらりと変わるもの。東京にいると海や山はおろ…

仕事ばかりというよりバカ

しばらく音楽を聴く余裕がなかったのだが、逆に、忙しさと疲れが異様に高まって3分でいいからなにか聴いて出かけようという場合もあって、そのときこそ、iTunesのなかで自分が本当に聴きたい曲がどれだったのかが分かる。 前もちらっと書いたが、ジム・オル…

宿題やったか?

今日あたりはエアコンをやめて窓を開けてみる。すると蝉の声がステレオの音楽よりも大きなボリュームだ。そんな季節。台風も近づく。CDは実は高中正義の「伊豆甘夏納豆売り」。穏やかで寂しげなこのギター、いかにも夏の終りを思わせる。ヒグラシの声も録…

路傍の記憶

たまに家でギターを手にすると、むかし覚えた曲をなにげなくつま弾いている。たとえば「ブラックバード」(ビートルズ)とか。その日の調子でちゃんと弾けるときと弾けないときがある。かつては楽譜に照らして覚えたわけだが、今はただ指が動くのに任せるし…

Musical Baton

Total volume of music files on my computer 8.55GB Song playing right now エルトン・ジョン/クロコダイル・ロック The last CD I bought 細野晴臣『HOSONO HOUSE』 ASIN:B0007N35IY Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me 天…