東京永久観光

【2019 輪廻転生】

国家

『シン・ゴジラ』の夏

関連でこのあいだ初代『ゴジラ』のDVDをみて、さらについでのようにして『ゴジラ対ヘドラ』もみたのだが、『ヘドラ』は、あきれはてるに値する問題作だった。迷作だったというか、迷惑だったというか…https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%8…

日本の政治・社会の最大論点はこれかもしれない

ゲンロンカフェ(ニコニコ生放送)=5日= 「山口二郎×津田大介×東浩紀「ポピュリズムの台頭とリベラルの対抗戦略——21世紀に民主主義は可能か」 ・http://live.nicovideo.jp/watch/lv269423928 ・http://genron-cafe.jp/event/20160805/ 12日にタイムシフト視…

多くの日本人は、無信仰だけど、「ただの人だ」とはどうしても言い切れない人物を今なお1人だけ心に抱いている。不思議だけどそういうものだとしか言いようがない。(そして、それを通してなら、ムハンマドやイエスが「ただの人ではない」という人々の気持ち…

「天皇 生前退位の意向」報道

広島、靖国、天皇。たまたま昭和の中期に生まれ、しかもせいぜい100年しか生きない私には、いずれも死ぬまで縁が切れないのだなと、つくづく思う。というわけで、改憲ということなら、第9条もさることながら、第1条の是非を問いましょう。

ツイート(自爆テロ/天皇)

へこたれて摩耗して死ぬくらいなら、むかついて爆発して死んでやる、という気持ちなら、まったくわからないこともない。#比喩的に理解しよう自爆テロ * 明仁さんの発言内容は立派だが、発言内容だけでいえば左翼の発言内容も立派だし、私の発言内容もいつも…

★日本に絶望している人のための政治入門/三浦瑠麗

日本や世界の政治の核心がみごとに整理される印象だが、新しい納得も多数得られる。米国は人種で英国は階層で韓国は地域で国が分断されているが、日本には分断がないという指摘もその1つ(全国津々浦々自民一色)なるほど〜そういえばそうだ!しかしここに…

安保法制をめぐるつぶやき回顧

注意:以下をたどるにつけ安保法制に賛成なのか反対なのかわからなくてイライラするのは、私自身も同じ。 <9月19日>シリア難民のことをNHKが解説している。これを見ていると、安保法制の成立によって、国際社会は、日本という特殊な駒を得たというより、ど…

よその国の軍隊

日本という自国にアメリカという外国の軍隊が居るという状態を、小林よしのりはそもそも受け容れがたいと考えている。その気持ちは重要で共感できる。しかしその場合、私にとって「日本」とは「自国」とは「アメリカ」とは「外国」とは何なのか、 それは明瞭…

福島について/沖縄について

小林よしのり×宮台真司×東浩紀「日本を変えるにはテロしかないのか?」(ゲンロンカフェ)をニコニコ生放送で視聴した。 ◎http://live.nicovideo.jp/watch/lv212735192 =以下はそれを郷里福井の身内や知人に勧めたメールから= 沖縄の基地、福島の原発、テ…

I AM JAPANESE.

このような仕打ちに私は黙っていられない。彼らには平気だったかもしれないが、湯川さんと後藤さんは耐え難かったにちがいない。日本の人々の多くは殺し合いを本当に憎んでいる。だからといって低能でもないし非力でもないし甘くもない。どうしてくれようか…

イスラム国の日本人殺害警告をめぐって(~1.28)

《従来からの政策に変更を加えていない今回の訪問を理由に、「中東を訪問して各国政権と友好関係を結んだ」「イスラエル訪問をした」というだけをもって「テロの対象になって当然、責任はアベにある」という言論がもし出てくれば、それはテロの暴力の威嚇を…

右肩下がりの近代

左翼系思想への長く揺るぎない傾倒から、そこに忍び寄る深い懐疑と、険しさを増しつつあるその凋落。これはかつて西洋世界が直面したキリスト教信仰への疑いに匹敵するくらい大規模なものなのではないか。少なくとも私の半生そして今後を含めた人生全体くら…

★(日本人)/橘玲

asin:B00MG9UH06 この本は書名からいって日本人論ということになろう。しかしなんだか大回りする。進化生物学を通して人間全体を考え、グローバリズムとアメリカを考え、日本のむしろ官僚や政党を考えるといったぐあいに。そして終盤、やや唐突に以下のよう…

甲子園とおにぎりはグローバル化しない

https://twitter.com/May_Roma/status/499542072135671808ま、とにかく、いろいろあって、おにぎりが食べたくなった。甲子園とはグローバル化にはほど遠い日本教の一部であり、したがって「イギリス教徒にわかってたまるか」とも言える。互いに首を切り落と…

新しい象徴(27時間テレビをチラ見して)

21世紀の日本国民は天皇家ではなくSMAPとともに年齢を重ねていくことにした、ということなのかも。独り者でも平気だし。あと40年は楽しくやるぞ!

曖昧と妥協

日本人の特質というなら曖昧と妥協ではないか。あるいは孤独と諦観? 正義や自由はそこから生まれうるか?これは昨晩の東浩紀氏のツイートを見て思ったこと。https://twitter.com/hazuma/status/492746465182089216西洋思想とは別のルートで日本が独自に正義…

日本の夏、ジブリの夏

天使も河童もいないけどトトロはいるよってかんじの現代日本だよね(テレビ放映中) これまでも似たようなことを感じてきたのだった→http://www.mayq.net/junky0107.html#010826ジェイズ・バーの夏というのもある

ブログの上では2014年

明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします ** 首相靖国参拝問題とは、「日本の戦争は犯罪ではなかった」という見解と「日本の戦争だけは犯罪だった」という見解の衝突であり、私はどちらの見解にも納得できないが、どちらの見解もま…

★ニッチを探して/島田雅彦

何を見てもなにかを思い出す という名言があるけれど、ちかごろの私は何をみても歳月の経過を思う。若いころから同世代を代表する知性と信じ親しんできた島田雅彦だが、今やその小説の主人公も馬齢を重ね所帯と妻子をもつ管理職になっている。(とはいえ「青…

★中国化する日本/與那覇潤 

こんな面白い歴史本はめったにないのではないか。日本という国は「経済のグローバル化」と「政治の中央集権化」の2つをどうしてもやり抜けない。典型は江戸時代だが、源平の時代から明治維新、大戦、現在に至るまで、建設も破壊も常に ゆるい・ぬるいままだ…

天皇と放射能だけは特別か?

渡した人が山本太郎議員であることがまずいのか、渡された人が天皇であることがまずいのか、渡した手紙の内容がまずいのか。もし、長嶋茂雄さんが天皇に「脳梗塞の患者を後遺症から救って下さるよう、お手をお貸し下さい」という内容の手紙を渡したとしても…

★アンダーグラウンド/エミール・クストリッツァ(1995年)

■バルカン・トラッド・パンク?活動家のマルコと女優のナタリアは盟友たちを騙して地下室に閉じ込めている。その裏切りの罪を忘れ去ろうとするかのように二人は愛欲に溺れる。そのシーンで流れていた音楽が「異国風パンク」とでも言いたくなるインパクトで心…

★レイヤー化する世界/佐々木俊尚

さっくりと世界史が一覧できる、といってよい。なにより、中世社会とはいかなる世界だったのかが初めてよくわかった。その収穫が大きい。もちろん近代国家がいかなる世界なのかもよくわかるし、本題である近代国家を超えた世界の到来の話もポイントを突いて…

軍隊はグローバル化しないのか? 

すでに、しているような、していないような… 軍隊は自分の国を他の国から守るという建前なので、グローバリゼーションとは原理的に矛盾するのか。ただ、堀江貴文さんなどは「軍隊もすべて外注でOK!」と思っているふしがある。尖閣も天皇もいらない、みんな…

公益及び公の秩序を害するブログの自由及び権利

ちょっと気になって、自民党の憲法改正草案(2012年4月27日決定)を見てみた。 http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/116666.html前文や第三章(国民の権利及び義務)を読むと、「明らかに改悪だ」と感じる。 日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って…

第18章 グローバル世界の形成と発展

むかし世界史の授業で「領主や教会に代わって国王が人々を統治するようになりました」という話は、どうもイメージしにくかった。グローバル化という話になじめないのも同じことだろう。しかし、今また、人々が実質的に支配され依存もしようとしている力の源…

ホリエモン 朝生に登場

以下、視聴中につぶやかずにいられなかったこと ・やっぱり圧倒的に話が早い。・刑務所にいたのに、なんですべてに詳しいんだ、ホリエモン!・イエス・キリストが現れたときの破戒ぶりというのが、なんかこんな感じだったのではないか?・ネットが変えたこと…

死ねばいいのに!(『最高の離婚』より)

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/64186cc20ecf3e3eaa1da3f5b5f1cd48 私は「韓国人を殺せ」と思ったことはない。 しかし 「韓国人バカじゃないか」とか 「中国人バカじゃないか」とかなら このところ私はよく思った。 仏像をめぐる騒動や尖閣をめぐる騒…

ナショナリズム考

大手企業のボーナスが上がるからといって、それとは無縁の日本国民と、それとは無縁の他国国民とは、ただただ白けるばかりでありましょうなあ。大手企業のボーナスとは無縁の、日本の公務員全員と、および、公務員以外の国民全員に、税金でボーナスを支給し…

サハリン体験記(4)

ユジノサハリンスクから乗ったバスで、隣に座った人が「日本人ですか」と話しかけてきた。曹さんという朝鮮系の男性。30分ほど話を聞いた。20世紀東アジア史の縮図みたいな人生だった。 1940 朝鮮半島北部に生まれる。 1943 両親とともにサハリンへ…