東京永久観光

【2019 輪廻転生】

ニュートンとダーウィンの革命

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/07/12/000000からと

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/06/11/000000からの続き

ニュートンがなぜ革命的だったのか。天体の動きの理由を探ろうとして、ニュートン以前は「地球や月がこう動くのは、地球や月になにか秘密があるに違いない」と考えた。ところがニュートンは「1つの法則がすべてを動かす。地球も月もただそれに従うだけだ」と考えた。

これは何でもないことのようで、私も何でもないことだと昨日まで思っていたが、ここにもう1つ別の革命を並べると、ことの重大さが見えてくる。もう1つとはダーウィンによる革命。

ダーウィン以前は、鳥がこうである理由を知りたくて鳥の特性を探った。馬がこうである理由を知りたくて馬の特性を探った。しかしダーウィンは違った。進化(変異と淘汰)という1つの法則がすべてを決めている。その法則に従って、鳥はこうなった。馬はこうなった。人間もこうなった、と。

 

上記のことは実はデイヴィッド・ドイッチュが指摘していたのだった。昨日までにツイートした『世界はなぜ「ある」のか』で著者がドイッチュの家を訪ねたとき、彼はこう述べたという。

引用すると――

「じつを言えば、説明が重要な進歩を遂げることで、説明の意味自体が変わることもよくあります。私の好きな例は、ガリレオからニュートンにかけての革命です。それは新しい物理法則をもたらしただけではなく、物理法則とは何かという概念そのものも変えたんです」

「それまでは物理法則とは、何が起こるかについて述べる規則だった。しかし、ニュートンの諸法則はいかなる系も従う規則だった。以前には考えられなかった説明のスタイルだった。同じような説明の革命が、ダーウィンによってなされた」

「それまでは、この動物はどうしてこの姿形をしているのかと聞かれたら、姿形の何らかの特性を上げるものだと思われていた。しかしダーウィンは、その答えは姿形の特性にかんすることではなく、進化によって、どのようにその姿形が生まれたかということになった」

(※私がメモした内容なので、正確な記述は同書を参照されたし)

ここを読んでいて、ああドイッチュって「説明」だなと思ったことも印象的。彼の考えの個性を1つのキーワードで示すならそれだと思ったのだ。

 

しかもなんと、『量子力学イデオロギー』で佐藤文隆先生がニュートンについてまったく同じことを指摘していることに、昨日気がついたのだった!

コペルニクスからニュートンの間に何があったのか?》《「宇宙が法則をつくる」から「宇宙は法則によってつくられる」へと変化していった》

 

ドイッチュと佐藤の一致は実に興味深いが、1つの法則が起点という立場は、さらに次の世界観をもたらす。

《法則がまずあって具体的なものを全て支配はするが、具体的存在は法則そのものにとってはどうでもよい偶然的なものなのである》《法則の普遍性は物質に宿るが、物質がその根拠なのではない》

このことが実は私には不気味なボディーブローとして効いている。

「宇宙がなぜあるんだ?」「私がなぜいるんだ?」そんなことを数年も思案してきたけれど、ここに示された視点の転換は、その思案を解消するかもしれない。少なくとも無効にするかもしれない。明日も休みなので明日にも起こりうる。

 

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/07/27/000000に続く

 

 

★量子力学のイデオロギー/佐藤文隆

佐藤文隆量子力学イデオロギー

改めて特別に魅了されている。なんかこれ、切れ味バツグンの文芸評論に出くわした感じ。つまりこれは批評を読む興奮なのだろう。といっても、佐藤文隆はまぎれもない物理学者なのだから、物理学者が自ら物理学批評を書いている形。

ちょっとヘンなのは、作品と批評でいうと、量子力学の作品を私はほぼ読んでいないのに、その作品をめぐる批評だけを読んで、量子力学の深みにはまった気になり狂喜乱舞していること。

そういうことはあるだろうか? 小説で。映画で。音楽で。絵画で。

 

中身についても書くべきだ。

量子力学はいわく不可解ということで、みんな緩く安心しているが、だったら古典力学は不可解ではないと言い切れるのか、という問いが、佐藤文隆の考察の行き着く先に、本質的なものとして浮上してくる感がある。ジャンルを超えた巨大な感興が巻き起こる。

《確かに、古典物理は身体的に親しい。しかし、電磁現象(*古典物理の範疇)は完全に身体を離れているのに飛躍を感じないのは、文化的に親しいからといえよう。この理屈で言えば、我々は間もなく量子力学にも文化的に親しくなってくのかもしれない》p.87

《「わかる」ことを哲学的に深く考えれば、地動説さえ「わかる」のかという議論にいきつく。しかし地動説は「わかる」ような気分にある人は多いと思う》《「わかる」も程度問題だとして、「地動説並に相対性理論量子力学もわかるようになるのか」という問題の建て方をすべきだろう》p.69

とはいえ著者は、ニュートン力学量子力学をまったく相対的にとらえてはいない。ニュートン力学が時間や空間を絶対的な背景にしていることには、歴史も文化も超えた何らかの理がある可能性も、想定しているところが、いっそう深い感興をもたらす。

それは人間の知性の限界を示しているのかもしれないが、逆にそれは、人間の知性の超越を示しているのかもしれない、という妄想も可能なのではないか。

今述べたことを思ったのは次のくだり。

《物理学の新しい認識でそうなった以上、少なくとも物理学の中では、みんなが量子力学を基礎とするように観念を組み替えればいいとも言える。古典物理だって科学者が取り込んだもので、単にその入れ替えをやればいいという考え方である。もしそうでないと言うなら、古典物理「学」と学以前の人げの認識法の間に特別な関係を想定することになる。もしそうなら簡単に「悔い改める」ことはできるものでもないし、すべきでもない》p.70

「できるものでもないし、すべきでもない」に著者の本音が隠れている! と私はつい思ったのだ。

でもやっぱりここは、「古典物理学=学以前の人間の認識法」であるなら、それは超越を示していてスゴイというのは私の誤読であり、限界を示していてショボいという読解が正しいだろう。それより、「学以前の人間の認識法」には、やがて量子力学も取り込んでしまう拡張性を秘めている、ほうに期待。

 

急いでレスで言え。そんな気分。《もし毒蛇に噛まれたら。素早くナイフで傷口を切り裂き、急いで口で吸え》

 

量子力学のイデオロギー

量子力学のイデオロギー

 

 

関連エントリー(以下)

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/07/04/000000

 

さらに

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/07/14/000000に続く

 

 

 

 

 

 

 

 

★春の夢/チャン・リュル(2016)

韓国映画『春の夢』(2016)をDVD視聴。

 


A Quiet Dream JapaneseTitle Trailer web

https://www.youtube.com/watch?v=Gf-SH1lmSjo

 

なんでもない一作のようで、似たものを思いつけない一作。役者の個性もあろうが、多くはチャン・リュル監督の個性なのだろう。以前見た『キムチを売る女』の監督と知って、納得。

定型の社会に はまらないところを抱えている人が多いところや、悲惨なのか陽気なのかが微妙なところや、淡々と静かな日々のようで実はイベントが連続するところや、室内の場面が多いところは、やはりアキ・カウリスマキを思い出した。

それにしても、映画と夢は似ている(寝る前に終わるか寝てから始まるかが反対なのは面白いが)。似ているのは、奇妙な体験や奇妙な幸福がふわふわ続くけれども、いつか必ず終わらなければならないところ。そして、では幸福な映画が終わるためには何が必要だったかに思い当たり、ため息をつく。

韓国映画は多様だな とも思う。韓国映画をみると、わりといつも思うこと。それに水色洞という街の風景は、ソウルの多様性を思わせ、そして不案内な気分をかきたてる。では日本映画はどうだろう。そうした多様性や不案内な気分なんて、そもそも見る前から期待しない。最近そんなかんじ。

訂正。「では日本映画はどうだろう。そうした多様性や不案内な気分なんて、そもそも見る前から期待しない」→やっぱり、そんなことはありません!

 

春の夢 [DVD]

春の夢 [DVD]

 

「9条支持」かつ「天皇制支持」

「9条支持」かつ「天皇制支持」の、なんとなく予想されていたかもしれない「なんとなくゾーン」の顔ぶれに、なんとなくショック。

https://twitter.com/edoyaneko800/status/1146729746278969345

 

 *

 

[関連記事]

https://dokushojin.com/article.html?i=5618

「昭和・平成・令和――改元直後に、天皇天皇制・皇室について考える 小谷野敦×綿野恵太」

 

《本当に憲法9条を改正したいなら、天皇制(1条)も変えなくてはならないし、本当に天皇制を廃止したいなら憲法9条も変える必要があるのではないか》

《『とちおとめのババロア』は天皇皇族を恋い焦がれたり、「おいたわしい」と哀れに思うような、国民的な情動の対象として描かなかった点が強みである気がします。『不敬文学論序説』では、天皇はタブーだからこそ「描写しろ」と言われていました。》

《しかし、ネットや週刊誌などの天皇・皇族をめぐる言説を見ればあきらかなように、「不敬」は天皇制に国民的な感情や情動をかき立てる装置となっている。結局のところ、「不敬」とは「おいたわしい」という国民的な哀れみの裏返しにすぎないのではないか。》

《その意味では、むしろ、石原慎太郎的な無関心のほうが興味深い気がします。「私は陛下より1つ年上だが、それでも頑張っている。本当に陛下には、もうちょっと頑張っていただきたい」(「BSフジ「プライムニュース」二〇一六年七月一三日」)という発言とか、天皇にたいしてなんの興味もない》(以上、綿野恵太)

 

これは、ただの当たりまえの凡庸な意見だ(私も常々そう思っている程度の)。問題なのは、その凡庸な意見が、なぜか なにかとんでもない過激な意見に見えてしまうことだ。それくらい、天皇に関しては凡庸な意見がどうしても遠慮されてツイッターにすら出てこない。